« 基礎1:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎3:セキスイハイムで家づくり »

2007年1月 6日 (土)

基礎2:セキスイハイムで家づくり

セキスイハイムの基礎が強い理由は4つあると思っています。

①ベタ基礎

②コンクリート強度が高い

③無開口基礎

④鉄筋の量

特に②の基礎のコンクリート強度って超重要ポイントです。

なぜかというとコンクリートの強度で基礎の耐久年数が決まるらしいからです!

テレビの欠陥住宅特集などででているマンションでは、コンクリートがボロボロになっていますね。

シャブコン(不法加水コンクリート)というもので、工場でしっかり調合されたコンクリートに、現場などで不法に規定以上の水を加え、やわらかくしたコンクリートのことです。

そうすることで、コンクリート強度が弱くって耐久性のないものになってしまうんです。

だから欠陥住宅のボロボロのコンクリートにならないようにするには、基礎のコンクリート強度にこだわる事は超重要だと思っています!

・・・自分の家の基礎がボロボロになったらこんな気持ちになりますよね

Photo_16  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

  

で!コンクリート強度で耐久年数がわかるという根拠は、

日本建築学会の「耐久設計基準強度(JASS5)」により定められた理論値で、大規模補修不要予定期間が決まっているからです。

通常コンクリートの強度は 「圧縮強度」N/m㎡ (ニュートン・パー・平方ミリメートル)で示します。  

ちなみにセキスイハイムの基礎のコンクリート耐久設計基準強度は24N/m㎡。

これってどの位凄いんでしょうか?Photo_14 

 

 

 

 

 

 

 

この数値を元にすると

セキスイハイムの基礎の強度は24/m㎡で大規模補修不要予定期間は65年間。さらに補修して使える期間は100年間!

ですからー

30歳の人でしたら95歳までは大規模補修要らないってことですよね?

・・・そこまでもってくれれば充分ですねー

一般の住宅の基礎は大体18/m㎡が殆どだそうです。

ということは!単純計算で

30歳の人は65歳には大規模補修が必要ってことです。

老後の退職金を基礎の補修に使うってのも微妙ですし・・

セキスイハイムの工事の方に聞いたら、どんな環境でも24N/m㎡の強度を出すために+6N/m㎡安全性を見て30/m㎡でコンクリート打設するそうです。

さらにコンクリート工場でも安全性を+6N/m㎡みてるので36/m㎡でコンクリート工場から出てくるそうです。

RCのマンションでも30/m㎡ですから・・36/m㎡だったら安心すぎくらいです。

(字が多すぎ理屈っぽすぎでちょっとうざいですかね・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 基礎1:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎3:セキスイハイムで家づくり »

コメント

TAKUさんはじめまして!nana(夫)と申します。私も現在セキスイハイムで建築中の者です^^こちらは北海道で『北海道向け住宅ノースワードJX』と言う商品ですので、若干使用が違いますが『基礎強度』など勉強させて頂きました。『地下収納』などは初めて知りました!是非、交流させて頂けたらうれしいです!

投稿: nana(夫) | 2007年1月 6日 (土) 23時21分

先程は訪問してくださり、ありがとうございました!よろしければリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?御検討よろしくお願い致します。
それにしても『地下収納』は凄いですね!後々、階段などが付くのでしょうか?

投稿: nana(夫) | 2007年1月 7日 (日) 17時17分

nana(夫)さん
地下収納の階段つきますよ~
階段というかハシゴ?って感じですが・・

投稿: TAKU | 2007年1月 7日 (日) 21時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 基礎1:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎3:セキスイハイムで家づくり »