« 基礎2:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎4:セキスイハイムで家づくり »

2007年1月 7日 (日)

基礎3:セキスイハイムで家づくり

セキスイハイムの基礎工事が始まりました。

前回の④で基礎で重要なのは鉄筋の量と書きましたが、現場で基礎の鉄筋を少なくされちゃったら困りますよね・・・

鉄筋量が少ないこと気づいたら

Photo_17  

 

 

 

 

 

 

 

『Oh~KISO~My KISO~Oh~ハイム~No~』

と語学力のないのない自分はこう言うでしょう。

しかし!これを見れば安心です

プレ加工された基礎の鉄筋

P1070315_512_1  

 

 

 

 

 

 

P1070321_512_1  

 

 

 

 

 

 

セキスイハイムでは基礎の割付図通りに、鉄筋の太さ長さを管理され出荷されてきます。

耐震偽装で騒がれた世の中ですから・・・セキスイハイムも流石に考えてますね!これなら心配性でノイローゼじゃないか疑われる自分も安心です。

鉄筋も工場でプレ加工し溶接されていますから職人さんの腕も関係ありませんしね・・

工場で品質良く作るセキスイハイムの技術は基礎でも受け継がれているんですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 基礎2:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎4:セキスイハイムで家づくり »

コメント

こんばんは!TAKUさんリンクさせて頂きました^^ セキスイハイムの基礎はホントしっかりしていますよね~ ウチは布基礎だったんですが、業者さんも大変職人気質な人達で、安心できました!セキスイハイムの基礎のチェックは厳しいと言ってましたよ。北海道の場合『快適だんだん』と言う名の『床下暖房』があるのですが、この場合のみベタ基礎になるようです。

投稿: nana(夫) | 2007年1月 8日 (月) 00時01分

こちらでは基礎下にいれる蓄熱暖房機ウォームファクトリーってのが流行っていますよ! 
北海道ではそういうの昔からあるそうですね~

投稿: TAKU | 2007年1月 9日 (火) 00時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« 基礎2:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 基礎4:セキスイハイムで家づくり »