« 基礎8:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 据付1:セキスイハイムで家づくり »

2007年1月20日 (土)

基礎9:セキスイハイムで家づくり

ひっぱってひっぱった基礎の話題も第9回になり・・・ようやくセキスイハイムの基礎も無事完成しました!

工場で作った建物(ユニット)を据付工事をする前に配管の工事を事前にします。

セキスイハイムの基礎の中にヘッダー配管というもので配管されています。

ヘッダー配管っていうのは、床下に設置したヘッダーから柔軟性のあるフレキ樹脂管を使って各水洗(トイレ・洗面・キッチンなど)まで配管を分岐せず施工する工法です。

P1070407_512  

北側は配管いっぱいですね~ 

 

 

 

 

 

P1070406_512  

 

青い管は給水

赤い管は給湯らしいです

分かりやすいというかベタというか 

 

  

昔は基礎の外側を配管が周ってましたが今はこのヘッダー配管が主流だそうです。(セキスイハイムでなくってもそうじゃないかな?)

このヘッダー配管の良い所は

①綱手の接合がないから、施工不良による漏水が防止できる。

②キッチンやシャワーなど同時に使っても水が弱くならない。(昔はよくありましたね・・うちだけ?)

③配管が耐久性・耐食性に優れているから、鋼管のようなサビや腐食が発生しないので安全で衛生的。

④後々リフォームがしやすい(・・・・まぁ当分しないけどね)

悪い所は良く知りません。

P1070401_512_1  

足場も設置されました。

 

 

 

 

 

P1070408_512  

 

基礎の表面にも養生がされています。 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 基礎8:セキスイハイムで家づくり | トップページ | 据付1:セキスイハイムで家づくり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。